BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」についてBLOGTOP » 概要 » TITLE … 「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」について

このたびは、当ブログを訪問いただき、誠にありがとうございます。

私たち「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会」は、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉鎖の報を受け、何とかして存続させたいと願った個人たちが集って動きを始めた、その名の通り、「有志」たちによる会です。

閉館決定をくつがえすべく、みんなでつながり、みんなで力を合わせられたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会
   共同代表  有泉慶美
         八城遊

<こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 各種リンク>
ネット署名】/【自筆署名(東京都議会請願署名)】/【公式サイト
Facebookページ】/【公式Twitterアカウント】 @kodomoaogeki
Google+

*取材やご質問などのお問い合わせは、下記メールアドレスまでお願いいたします
こちら


<こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会 (2013年6月5日)の動画です>
 ぜひ、ご覧ください。村山祐一先生のお話、厚労省との交渉、協力議員のあいさつなど。閉館のおかしさがますますわかります!
 ※厚労省との交渉は、1時間過ぎたところぐらいからはじまります。


<こどもの城、青山劇場、青山円形劇場はどうして閉館になるの?>
閉館理由について

<これまでの経緯>
2012年より2015年の活動

<今後の予定>


<メディア情報>(新着順)
過去のこどもの城閉館報道や当会メディア掲載情報については「各種資料&リンク」ページをご覧ください。

<「こどもの城」とは>
こどもの城は、1979年の国際児童年を記念して、厚生労働省(当時 厚生省)が児童福祉法に基づいて計画・建設した大型児童館です。日本で唯一の国立総合児童センターとして1985年11月に開館し、遊びプログラムの開発、提供だけでなく、児童厚生、保育、小児保健各分野の専門職とともに子どもを取り巻く諸環境の改善を目指しています。「社会が子どもを育てる」という児童福祉の理念を社会に発信する役割も担っています。
施設内に青山劇場、青山円形劇場を有しています。
詳しくはこどもの城公式サイト内「こどもの城について」をご覧ください
スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れ様です

Noriko.H 様

少年隊のファンブログのトップページにリンクをはっていただき、ありがとうございます。
休館して2年近くがたつ東京都児童会館には、今も週末に親子連れが訪れて、閉館にがっかりして帰って行きます。こどもたちの大切な場所を切り捨ててはいけないですよね。ぜひこれからも力をお貸しください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NO TITLE

間違いのご指摘ありがとうございます。
助かります。
すぐに直します。

怪しすぎです…

知人の大手企業の建築設計士が、
補修に117億円という見積もりは
怪しい、と言っておりました。
もしそれが本当ならば、
こどもの城を作った業者は
税金の背任横領で訴えられるべき。

またこの117億円は、
政府お抱えの業者が出した概算で、
税金を見越した金額、
要するに数社の相互見積もりを
とっていないだろうと言っておりました。
まあ、背後にオリンピックがあるのでしょうが、政府の言い分を潰していって、逃げ道を塞いでいくのがよいでしょう。業者も巻き込んで、大々的にプロパガンダすべき。

耐震補修費は外部からでも、
診断、見積もりできるそうです。
ご存知とは思いますが、老婆心まで。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。