BLOGTOP » ARCHIVE … 2014年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月27日に街頭署名をおこないます。

第39回街頭署名を4月27日(日)に行います。
14:20-15:30 こどもの城前、こどもの樹付近に集合です。
アニー昼公演後から夜公演の開場までの時間です。
自筆署名もあと1700筆ほどで6万筆となります。
なんとか6万筆超えで国会へ署名を提出させたいと考えています。
ご協力よろしくお願いします。
スポンサーサイト

4月15日付朝日新聞「記者有論」でとりあげられました

※初出時に記者の方のお名前等数か所に誤りがありました。ここに訂正し、お詫び申し上げます。

10264621_837214892960238_8463262955399549520_n.jpg



(記者有論)こどもの城閉館 育んだ劇場文化を絶やすな 吉田純子:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/DA3S11084502.html

2014年4月15日付の朝日新聞朝刊、「記者有論」に劇場文化の重要性という観点から同紙吉田純子編集委員の論評が載りました!大変励まされる記事です。

朝日新聞にはこれまでに子育て支援の場を減らしていくことに反対する立場からの意見や、こどもが生き生き遊べる場を守るべきとの意見が掲載されていますから、これらをまとめて紹介するだけでもこどもの城の多面的な役割の一端が多くのひとに理解してもらえるのではないかと思います。

劇場文化は一朝一夕に醸成されるものではありません。昨年12月の日本文化政策学会の特別フォーラムでも高野さんや石井先生が指摘したように、演劇や舞踊、映像などすべてのジャンルの芸術家や関係者、評論家、愛好家がこどもの城閉館に反対しているのはそのためなのです。

こんなにも多くの演出家や振付師、表現者や観客に愛され、文化の創造・発信・交流の場ともなってきた施設の、今後のいっそうの発展と、劇場法の理念が尊重されることをねがってやみません。

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

4月街頭署名のお知らせ

4月街頭署名のお知らせ
4月13日(日) 16:00-17:15

先日、各事業の最終日なども発表されました。
しかし今まで集めた署名の提出はこれからです。
提出が今月中旬と決定すると最後の街頭署名となります。(提出の予定によっては26日も実施予定)
なんとか1筆でも多くの署名を国へ届けるべく、皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。