BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前

吹く風もようやく涼しくなって来た今日この頃、いつものようにこどもの城前で署名活動行います!

日時:10/6(日)16:00-17:40
場所:こどもの城前 岡本太郎作「こどもの樹」周辺


そして、いつものようにお手伝いさんも募集しています!当日の飛び込み大歓迎!署名用品はこちらで用意しておりますので、何も持ってこなくて大丈夫です。当日は、ボード等を持った会の者までお声がけください。ご案内させていただきます。

自分で街頭立ちし、自分の署名ボードに一筆いただいた時の喜びはひときわです。こどもの城を守るために、少しでも前進するために、あなたも最初の一歩を踏み出してみませんか?

署名される方、署名を受け付けてみたい方、当日お待ちしております!もう夕暮れも早くなってきました。足元にはお気を付けておいでくださいませ。

スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

ブログ開設1年。閉館計画発表から1年と1日

昨年9月28日にこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の閉館計画が発表されて、昨日で1年となりました。

このブログは、飛び込んできたニュースにショックを受けて、その日の夜にいろいろググって、閉館の不当性に憤り、大人の責任として、このまま泣き寝入りしてたまるかという思いで、翌朝早くに開設しました。

水道橋博士などの拡散の協力もあり、開設まもないブログに連日1000人前後の方の訪問がありました。
ブログで作戦会議をよびかけ、利用者、演劇関係者・愛好者が集まりました。そして、国会請願署名をスタートしました。チェンジ・ドット・オルグのみなさんのご協力でネット署名もスタートしました。署名運動の賛同人がネットを通じて次々集まりました。作戦会議に集まったみんなの努力で、著名な文化人のみなさんの賛同人も広がっていきました。テレビ、新聞をはじめメディアもとりあげました。渋谷区議会は閉館の見直し、港区議会は存続を求める決議を全会一致であげました。

国会請願署名は4万筆、ネット署名は8000筆をこえました。院内学習会をおこない、国会議員にはたらきかけ、紹介議員は、与党である自民党の議員から、民主党、みんなの党、共産党、社民党、生活の党、無所属議員まで広がっています。国会質問でも3度にわたり取り上げられました。

しかし、閉館の事態は変わっていません。

このままいけばあと1年半でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場は閉館となっていまいます。まだ30年以上使える建物であるにもかかわらず、取り壊されてしまいます。厚生労働省の調査でも大規模改修せずともあと10年は使えるのに、大規模改修費用を口実にあと1年半で閉館にされてしまいます。

閉館計画をくつがえすために、もっと大きな世論をつくりましょう。もっとたくさん署名を集めましょう。いっそうのご協力を心からお願いします。

 さて、話は変わりますが、先日、東京のオリンピック招致が決まりました。オリンピック憲章には「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピッ ク精神によりスポーツを行う機会を与えられなければなら」ないとあります。そして猪瀬知事は、「スポーツをする人をもっと増やす」といっています。国の統計によると、東京は、全国の中でもっとも人口あたりの地域の体育施設が少ない都道府県のひとつです。

 こどもの城には、体育館があり、プールがあります。運動が苦手な子がスポーツが好きになるプログラムも開発してきました。こどもの城から誕生した「スポーツ鬼ごっこ」は、オリンピックの公開競技をめざしていると報じられていました。

 こどもの城の閉館は、オリンピック精神にも反しまます。オリンピックが東京にきまった今、政府関係者も自治体関係者も、こどもの城の閉館を再考すべきです。

堀潤さんの著書に取り上げられました

当会も何度かマスコミに登場しましたが、転機のひとつは、 ジャーナリスト堀潤さんとの出会いです。堀潤さんは最近本を二冊出版され、そのいずれにも、こどもの城問題のことを取り上げていただきました。

当会の名称が明確に出てくる訳ではありませんが、堀潤さんが立ち上げ育てていこうとする市民メディア、8bitNewsに市民(当会)が映像を投稿したこと、市民自らが声を上げていこうとしていることの代表例として取り上げていただいております。

堀潤さんの著書は、「僕らのニュースルーム革命」「僕がメディアで伝えたいこと」の二冊。

それぞれの当該ページの掲載許可をいただきましたので、ご覧くださいませ。

「僕らのニュースルーム革命」
http://amzn.to/14IIF1K

「僕がメディアで伝えたいこと」
http://amzn.to/14IILX9

「僕らのニュースルーム革命」は、幻冬舎から。今の日本のメディアが抱える問題、そして未来のメディアはどうなるのか?ということが主題です。

「僕がメディアで伝えたいこと」は、講談社から。今までNHKでなにを学び、なにをしてきたのか?結果、今どうなっているのか?ということが主題です。

いずれにしろ、堀潤さんの根幹を貫くのは、市民の声を伝えるということ。その手段として8bitNews(10月下旬リニューアル予定)があり、リニューアル前の8bitNewsにも当会は映像を投稿し、こういうことをしています、と草の根からお伝えしていたわけです。

こういった市民の上げる声を丁寧に追ってくださるメディア人の方はそう多くはなく、今まで取り上げてくださったメディアの皆様方にももちろん感謝は申し上げますが、一過性のものになってしまったものがあることも否めないのが事実です。

そんな中、堀潤さんは、堀潤さん自身でも独自取材をしていただいているなど、ずっと継続的にこどもの城問題のことを気にかけてくださっています。改めて感謝申し上げます。

堀潤さん著書 堀潤さんの著書でこどもの城問題に触れたページ


堀潤さん著書カバー 堀潤さん著書カバー

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

【イベント】~今こどもの居場所を考える~【児童館行政の今後】

日時:2013.10.12(土)14:00-16:00
場所:オリンピック青少年センター「センター棟」309号室
チケット:
http://peatix.com/event/20152
全席自由:無料


2010年のユニセフの調査では、日本の15歳の30%が「さびしい」と感じ、19%しか「幸せ」と感じていず、世界的にも孤独感が突出しています。就学前の待機児童解消策だけでは、小中高のいじめ、自殺、体罰、ひきこもりや犯罪など、今多くのこどもが直面している問題は解決できません。子どもたちが自分らしく入られる場所、見守りの場所が必要です。

0歳~20歳までが集うことのできる児童館は、幼いころからの同世代や異年齢の交流のより、健全な精神や身体の育成が自主的にできる場です。

各界の専門家をお招きし、会場の子育て当事者も参加型の座談会を行います。
子連れ大歓迎です!!ぜひご参加ください!
※小学生以上要チケット

チケットのお申込みは、こちらまでどうぞ。
http://peatix.com/event/20152

開催場所の地図はこちらです。


大きな地図で見る

児童館の中でも、特に「こどもの城」存続に関しては、フランスのカンヌ映画祭でことし審査員賞を受賞した映画「そして父になる」の是枝裕和監督、舞台役者の八嶋智人さんを始め、大勢の著名人の方々が賛同してくださっております。児童館の抱える問題は、子育てをする全ての方々、また併設されている劇場は全ての演劇関係者に関係しており、決して他人事ではありません。あなたの隣の誰かが、こどもの城が、身近な児童館がなくなることで困っているかもしれない。皆でディスカッションし、知恵を出しあい、良い未来を見出していきませんか?

--------------------
【座談会参加者】
■フリージャーナリスト  猪熊弘子氏
■日本保育推進連盟副会長 大島和夫氏
■前帝京大学教育学部教授 村山祐一氏
■スペシャルゲスト
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場利用者
■こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会共同代表
--------------------
お問い合わせのある方は、こちらまでどうぞ
kodomoaogeki@gmail.com

こどもの城
こどもの城 ※今回のイベントの開催場所とは異なります。

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

残暑の中、署名へのご協力ありがとうぎざいました

 9月14日、こどもの城、青山劇場前でとりくんだ街頭署名は541筆の署名がよせられました。署名集めには、アニーに出演された方、遠方から参加した中学生も参加してくれました。署名された方にきくと、9月8日TBS「噂の東京マガジン」でこどもの城閉館問題が報道されたのを見た方も多く、マスコミでとりあげられることの威力をあらためて実感しました。
 残暑の中、署名に協力していただいた皆さん、ありがとうございました。
 この間集めた署名も当日は、179筆が寄せられました。これで国会請願署名は、総数44765筆となりました。またネット署名も「噂の東京マガジン」放送後、署名される方が増え8450人となりました。
 次回署名は、10月6日(日)の午後を予定しています。秋で運動会や旅行など様々な行事と重なっているかも知れませんが、お時間ございましたらぜひ、ご参加宜しくお願いいたします。

9月8日の「噂の!東京マガジン」で取り上げられます!

お知らせです。
TBSの「噂の!東京マガジン」でこどもの城、青山劇場の閉館問題が取り上げられます。
私たち「有志の会」のメンバーも取材を受けました。
番組を通じて、多くの方にこの問題を知っていただき、さらに、存続を求める世論を広げていきたいと思います。
番組をぜひ、ご覧ください。また、情報拡散お願いします!
 放映時間は、9月8日(日)午後13:00~13:54です。


第24回・第24.5回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前

そろそろ秋の風、赤とんぼも飛び始めた9月の連休、署名活動行います!

2013.9.14(土)
13:30-14:40(第24回)
16:30-17:40(第24.5回)


「こどもの城前・こどもの樹」付近

※こちら、二回に分けて行いますので、便宜上「第24回」「第24.5回」として扱わせていただきます。

自筆の国会請願署名もあと一息で45,000というところまで来ました。目標の10万の半分弱ということになります。国会を動かす目標として10万筆をかかげてきましたが、僅かずつの歩みでありながら徐々に近付いてまいりました。まだまだ署名は必要です。ご協力をお願い致します。街頭までおいでになれない方は、署名用紙をダウンロードしていただき、記入してお送りいただく方法もあります。送付先など詳細につきましては用紙に記載されておりますので、こちらのURLまでアクセスくださいませ。http://econ-web.net/kodomo-aogeki.pdf

記事にコメントを事前にいただけると助かります。事前に表明がなくても、当日おいでいただいても大丈夫です。途中参加、途中抜けもOKです。ご自身の手で一筆いただいた時の喜びはまた格別です。その喜びを味わってみませんか?こどもの樹付近に署名用ボードを持ったスタッフがおりますので、お気軽にお声掛けください。署名用品一式はこちらで用意いたします。

当日は、

青山劇場 劇団EXILE「あたっくNo. 1」 12:00~ 17:00~
円形劇場 戸田恵子「今の私をカバンにつめて」 14:00~ 19:00~

以上の公演が行われています。

こちらの舞台、およびこどもの城においでいただいた皆さま、ほんの30秒ほど足を止めていただくだけで結構です。一筆書いてみませんか?

お待ちしております!

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。