BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名活動のお知らせです

署名活動のお知らせです。みっつ一気に参ります!

※すでに告知済みのものもありますが、facebook、Google+のお知らせページの情報を追加しました。それぞれのアカウントをお持ちの方で、参加出来る!という方は是非アクセスいただき、ページからお知らせいただけると幸いです!

----------

第19回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前
facebookのお知らせ http://on.fb.me/1czdxSC
Google+のお知らせ  http://bit.ly/18mAxH2

7/3(水)16:00-17:30


第19.5回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前
facebookのお知らせ http://on.fb.me/18mAATd
Google+のお知らせ  http://bit.ly/1cze46Y

7/3(水)20:00-21:00


第20回街頭署名活動@こどもの城、青山劇場、青山円形劇場前
facebookのお知らせ http://on.fb.me/18mAIC5
Google+のお知らせ  http://bit.ly/1czegmP

7/15(月・祝)16:00-17:30

----------

折しも青山劇場では、「PLAYZONE'13」上演の真っ最中!

青山円形劇場では7/3(水)は「断色~danjiki~」、
7/15(月・祝)は「劇団M.M.C 音楽劇「MoMo」」を上演しております。

こどもの城でもさまざまなプログラムを実施中!

----------

観劇にいらした、またはお帰りの時の思いのまま、またこどもの城で存分にお楽しみいただいた後、そのお気持ちを署名してみませんか?あなたの一筆で、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を救うことが出来るかもしれません。

当会も決して諦めずに、閉館を覆そうと頑張っております。よろしくお願いいたします!

PLAYZONEの命脈を紡いできた青山劇場がなくなってしまうなんて・・・。

----------

署名集めのお手伝いさんも大募集!途中参加、途中抜けも大歓迎!ご希望の方は、署名が始まる時間の頃に、こどもの城前のオブジェ、こどもの樹の前までおいでください。ボード等持った会の者がおりますので、お気軽にお声をおかけください。お待ちしております!
スポンサーサイト

7月も街頭署名やります

青山劇場での『PLAYZONE‘13』の公演に照準を合わせて、こどもの城前で次の日程で街頭署名を行うことにいたします!

7月3日(水)16:00〜17:30
7月15日(月・祝)16:00〜17:30

3日は『PLAYZONE‘13』の初日、15日は連休中ということもあり、たくさんの熱心なファンの方々が来場されると思います。この劇場の素晴らしさ、大切さを身をもって体感されている方々です。
閉館反対・存続をアピールし、その輪を広げていく絶好のチャンスです。
署名を一緒に集めてくださる方を募集しています。
平日や連休中のお忙しい中大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします!!
お手伝いいただける方は、15:55頃、こどもの樹前にお集まりください。途中参加、途中退席でも構いません!ぜひ、よろしくお願いします。

「新しい選挙のカタチ」無事終了しました。

「新しい選挙のカタチ」無事終了しました。ニコ生などで拝見いただいた皆様ありがとうございます。

こちらは、当会共同代表、有泉慶美登壇の様子です。限られた時間の中で、いかにこどもの城が大切な施設なのか、訴えました。

市民の声を救い上げ、ネットを利用しながらどう政治に生かしていくか・・・そんな予定だったのですが話はあっちこっちへと展開し、思いもかけぬ方向へと収束して行きましたが、ネット中継を通じ我々の思いを広げることが出来たのは大変ありがたいことです。

今後とも、閉館反対!をより大きなムーブメントにしていかれるよう、努力してまいりますので応援していただければ幸いです。

20130625有泉慶美登壇の様子


「新しい選挙のカタチ」いよいよ今日です!ニコ生あり!

いよいよ本日夕方です。17:00-18:30公開討論会「新しい選挙のカタチ」共同代表、有泉慶美が登壇します。ニコニコ生放送での中継があります。http://live.nicovideo.jp/watch/lv142304365 タイムシフト予約すれば後から見られます。

こちらのイベントについて詳細はこちら。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36194

喧々諤々の論議を期待したいですね!

6/25緊急開催!「新しい選挙のカタチ」に登壇します

直前のご案内になってしまい、申し訳ございません。

6/25 17:00-18:30公開討論会「新しい選挙のカタチ」行われます。当会も登壇予定、ニコニコ生放送での中継があります。http://live.nicovideo.jp/watch/lv142304365
こちらのページからタイムシフト予約すれば、オンタイムでなくとも後からご覧になることが出来ます。

こちらに詳しい案内があります。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36194
一般参加ご希望の方は、ご一読の上そちらのページよりお申し込みください。

「新しい選挙のカタチ。」そして「政治のカタチ。」へ
“ネット選挙”公開討論会

【開催日程】
■日時:2013年6月25日(火)17:00~18:30(受付開始16:30~)
<第一部>「選挙はこう変わる」(17時~17時30分)
グーグル、ヤフー両社の担当者より“ネット選挙”に関連する取り組み、施策を紹介。
<第二部>討論会「選挙が変われば、政治は変わるのか」(17時30分~18時30分)
・衆議院議員 福田峰之(自民党)
・衆議院議員 平将明(自民党)
・参議院議員 鈴木寛(民主党)
・参議院議員 松田公太(みんなの党)
・ジャーナリスト 堀潤
・ソーシャルメディア・コンサルティング 小川和也
・ジャーナリスト 田原総一郎
■定員:50名(先着順です。定員に達した場合は応募を締め切ります)
■場所:参議院議員会館会議室(東京都千代田区永田町1丁目7番1号)

■主催:「新しい選挙のカタチ。」討論会実行委員会
(事務局:株式会社講談社「現代ビジネス」)
■参加協力:グーグル株式会社、ヤフー株式会社

市民運動より問題提起ということで、当会にもお声掛けいただきました。
当日は当会共同代表の有泉慶美が登壇予定です。(他のメンバーは調整中)

急な話で恐縮ですが、お見守り、またご参加いただければ幸いです。

※一般参加される方は、セキュリティの関係上、受付に少し時間がかかることが予想されます。お時間に余裕を持ってお越しください。

請願署名を15人の紹介議員に託しました

6月17日、6人で、衆参両院の各議員さんに請願署名をお預けに行きました。

請願を紹介いただく議員の方々は、
<衆議院>
 三ツ林裕巳議員(自民)
 笠井亮議員(共産)
 高橋千鶴子議員(共産)
 吉川元議員(社民)
 阿部知子議員(無所属)

<参議院>
 鈴木寛議員 (民主)
 川田龍平議員(みんなの党)
 田村智子議員(共産)
 森裕子議員 (生活)
 福島瑞穂議員(社民)
 又市征治議員(社民)
 吉田忠智議員(社民)
 山内徳信議員(社民)
 谷岡郁子議員(みどりの風)
 糸数慶子議員(無所属)

 の15名です。
 
 今回の提出までに集まった署名は最終的に36135筆でした。
 みなさんの署名へのご協力に感謝申し上げます。
 請願が採択されることを切に願います。

 署名にとりくんだ大きな目的は、たくさん署名を集めて、国会議員に働きかける中で、存続にむけて動いてくださる国会議員を増やすということでした。多くの署名や院内学習会が力になって、与野党の多くの会派の議員に紹介していただけました。国会議員のみなさんが超党派で本格的なアクションをおこしてくださるよう引き続き働きかけていきます。

都議選公開質問状の回答 その2(6/12・13)

引き続き、東京都議会議員選挙の候補者および各政党へお送りした公開質問状の回答をアップします。
6月12日および13日(19:39現在)に届いたものをここに公開します。
(到着順)

いのくま(猪熊)氏正一(港区選挙区・日本共産党公認・新人)の回答(PDF)

共産党東京都委員会の回答(PDF)

折笠裕治氏(渋谷区選挙区・日本共産党公認・新人)の回答(PDF)

生活の党の回答(PDF)

都議会自由民主党の回答(PDF)

都議会民主党の回答(PDF)

以上になります。

明日14日が公示日のため、本日中が回答期限となります。
ギリギリまで待って、到着分はすみやかにアップしたいと思います。

都議選公開質問状の回答 その1(6/11)

都議選候補者への公開質問状につきまして、さっそく回答が返ってきています。
6月11日に届いた回答につきましては下記の通りです。

安部かずま氏(港区選挙区・みんなの党公認・新人)の回答(PDF)
<テキスト>
■回答者:安部かずま氏(港区・みんなの党公認)

(1)①残すべき
その理由:全国に児童館などが設立されていることは事実だが、ブランド・規模・集客力いずれも突出し、今田も「全国のモデル」として機能している。引き続きその役割を果たすべき。そもそも集客力あるものをわざわざ廃止することもおかしい。

(2)①はい
その理由:理由は(1)と同じですが、都議会として、そして私の場合は元官僚として、霞ヶ関・厚労省にアプローチをします。

(3)①はい
その理由:たいして活用されない施設に湯水のように予算投入をしている中、117億円が巨額だとは思わない。不要な事業を止めて、国・都で費用負担を考えるべき。

(4)①はい
その理由:東京都児童会館は「こどもの城が近くにある」が閉館の理由だったはず。こどもの城がなくなっては説明がつかない。

(5)①はい
その理由:現在のものを存続させることが王道かと思いますが、どうしても廃止ならば、新設を検討すべき。

(6)①はい
その理由:今回の質問からずれますが、病児保育サービスを利用するにあたっての補助制度(バウチャー)を提案したいと考えています。

追記:私(安部かずま)も、6カ月の息子を抱える身です。子どもへの予算、施設を減らす動きには、政治家としても、個人としても怒りを禁じえません。具体的に動いてまいります。

東京・生活者ネットワークの回答(PDF)
<テキスト>
■政党・政治団体名:東京・生活者ネットワーク

(1)①残すべき
その理由:子どもの遊び場や親子で利用できる文化施設の確保およびそのセンター機能は重要であり、存続すべきである。

(2)①はい
その理由:必要な施設なので、国への働きかけをしていきたい。しかし、都議会で意見書を出す場合は全会一致でということになっており、ハードルは高い。

(3)③その他
その理由:存続のための努力はすべきだと考える。都内在住の利用者が多いことや財政規模を考えると、負担のあり方は議論のひとつとなるだろう。

(4)③その他
その理由:国、都、基礎自治体では、運営する子ども施設の役割が違う。まずは、東京都として必要な機能を考える必要がある。

(5)③その他
その理由:広域で使用する大型館は国が設置し、自治体は、子どもの生活圏にある遊び場の設置を進めるべきだと考える。

(6)①はい
その理由:演劇や美術、音楽などの文化は子どもの育ちにとっても重要である。子どもが文化に触れるために低料金で鑑賞できたり参加できるなどの環境整備や、自主的に行われている活動への支援が必要である。

社民党東京都連合の回答(PDF)
<テキスト>
■政党・政治団体名:社民党 東京都連合

(1)①残すべき
その理由:未記入

(2)①はい
その理由:未記入

(3)①はい
その理由:未記入

(4)①はい
その理由:存続するべきですが、そうなった場合、次善の策として検討する余地はあると思います。

(5)③その他
その理由:いまの課題は存続ですのでそれに向けて努力します。

(6)①はい
その理由:未記入

(2013/06/12 16:47追記、テキストをアップしました)

東京都議会議員選挙の候補者と各政党に公開質問状を送りました

東京都議会議員選挙(6月23日投票)の候補者と各政党に、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会より「こどもの城閉館問題に関する都議選政策についての公開質問状」をお送りしました。

本来であれば、247名すべての立候補者にお送りしたかったのですが、予算と人出が不足していたため、10の政党(自民・民主・公明・みんな・維新・社民・生活・共産・みどり・ネット)の東京支部と、渋谷選挙区・港選挙区の候補予定者にお送りしました。

送り先と、お送りした質問状の内容を、まずはここに公開します。

<政党>
・自由民主党東京都支部連合会
・公明党東京都本部
・みんなの党選挙対策本部事務局
・社民党東京都連合
・東京・生活者ネットワーク
・民主党東京都総支部連合会
・日本維新の会東京都総支部
・生活の党本部
・みどりの風本部
・日本共産党東京都委員会

<渋谷区選挙区>
・村上英子(自民党公認・現職 3 期)
・折笠裕治(日本共産党公認・新人)
・藤井敬夫(みんなの党公認・新人)
・浜田浩樹(民主党公認・新人)
・大津ひろ子(浩子)(無所属・生活の党推薦・現職 3 期)
・小林タカヒロ(崇央)(日本維新の会公認・新人)

<港区選挙区>
・きたしろ(来代)勝彦(自民党公認・現職 2 期)
・大塚たかあき(隆朗)(民主党公認・現職 3 期)
・菅野弘一(自民党公認・新人)
・いのくま(猪熊)正一(日本共産党公認・新人)
・安部かずま(一真)(みんなの党公認・新人)
・きくち(菊地)正彦(生活の党公認・元職 1 期)

<発送方法>
・郵便の簡易書留速達にて、6月10日発送
・同内容のものを、ファックスもしくはEメールでも送信

質問状の内容は、以下の通りです。
政党への質問状
候補者への質問状

東京都議会では、先日提出した「こどもの城、青山劇場の存続を求める意見書の提出に関する陳情」が、残念ながら不採択となりました。
しかし、こどもの城のごく近くにあった東京都児童会館が閉館になった経緯(2007年2月28日に行われた東京都厚生委員会にて、東京都児童会館が2012年3月末で閉館になることについて、都の少子社会対策部長から「近くにこどもの城もあるので、十分地域の資源を活用していただけるものと考えている」という趣旨での発言があった)を見ても、ぜひ東京都にはこどもの城を存続させるためにお力添えをいただきたいと考えています。

各政党、候補者は、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続について、どのような見解を持っているのでしょうか。
返信があり次第、公開させていただきます。

院内勉強会のご参加ありがとうございました

本日の院内勉強会は無事終了いたしました。
今回初めてご参加された自民党の三ッ林衆議院議員をはじめとする5名の議員と9名の議員秘書を含め、85名の参加者が集まりました。
厚労省への質疑応答は、先方から激しい時間制限があり、十分な質疑ができたとは言い難い状況でしたが、村山先生からの厳しい追及、子どもの権利条約に関する厚労省への厳しいご意見、利用者からの率直な質問などが飛び交い、とても意義深い機会となりました。
参加された議員や秘書の方も自民党、公明党、民主党、共産党、社民党と与野党に渡り、口々に存続と超党派で力を合わせてがんばりたいと訴えられていました。
厚労省の回答は全く納得のいくものではありませんでしたが、超党派での動きをさらに強めて、次の展開につなげていきたいと思います。

現在取り組んでいる国会請願署名は、今国会提出分については6月15日必着でお願いします。
今国会終了後も、秋に予想される臨時国会に向けて取り組んでいくことにしました。引き続くご協力よろしくお願いします。

今日の映像はこちら……



明日12時半~リアルタイム配信します

たくさんの方々のご協力のおかげで、明日の院内勉強会の様子をUstreamでオンタイム中継できることになりました!
遠方などで会場にいらっしゃれない方も、ぜひこちらの中継にてリアルタイムでご覧いただければと思います。
URLは
http://www.ustream.tv/channel/kodomo-aogeki
です。12時半開始予定です。
また、この様子はアーカイブにも収められる予定ですので、お仕事中でリアルタイムでご覧いただけない方も、ぜひご覧ください。
たくさんのご視聴、よろしくお願いいたします!!
(ツイッターやフェイスブックで、たくさんの拡散もお願いします!)

***

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】
主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会
後援:NPO法人ファザーリング・ジャパン
   子どもの権利・教育・文化全国センター、
   NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002

この場所を失うということ

引き続き、6月5日の院内勉強会の準備を進めています。
円形劇場の「ア・ラ・カルト」などの音楽監督を務めるヴァイオリニストの中西俊博さんからビデオメッセージをいただきました。
そのコメントがあまりにも胸に迫るものがあり……
一足お先に、ここにその一部をご紹介したいと思います。

「円形劇場は、すでに固有の文化の発祥の地になってると思います。
あの劇場を壊すということは、ひとつの劇場が無くなるとかではなくて、文化の発祥の地を、ひとつ失うと思って下さい」

重い言葉です。届いてほしい!
そして、決して「失う」という決断がされないよう、重要な話し合いがされる院内勉強会に、ぜひご参加いただければ幸いです。

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】
主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会
後援:NPO法人ファザーリング・ジャパン
   子どもの権利・教育・文化全国センター、
   NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002

院内勉強会、いよいよ今週水曜日です

昨日の街頭署名では296筆が集まり、他にも237筆の署名がよせられ、現在の国会請願署名は30,931筆になりました。
署名終了後の会議では、5日の院内勉強会の内容について討議されました。
院内勉強会、いよいよ今週水曜日です。
存続を願うビデオメッセージも届き、映像編集や資料作成に追われています。
国会議員や厚労省担当者も一堂に集まるこの院内勉強会で、この場所の必要性と、厚労省が掲げているふたつの閉館理由――「全国に児童館が整備されたのでその役割を終えた」「老朽化のため修繕に117億かかる」がいかに矛盾に満ちているかを訴え、何とか存続のための風穴を開けられたらと思っています。
存続を願う声がこんなにも集まっているのだということをアピールするためにも、たくさんの方にご参加いただければと思っています。
「議員会館」での「院内勉強会」というと、とても敷居の高いもののように感じてしまうかもしれませんが、主催している私たち有志の会も本当に「一般人」で、「一般利用者」の一員ですし、ぜひお気軽にご参加いただければと思います。
個人的には、議員会館の建物がとてもスゴイので、そのご見学のような気持ちでも来ていただければ……と思います。
12時より、1階入り口にて受付いたしております。
ご不明な点ございましたら、コメントなどでご質問ください。
平日の日中ということで、ご参加が難しい方も多いと思いますが、ツイッターやフェイスブックなどで拡散、ご参加の呼びかけをお願いできればと思います。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」のご案内
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】
主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会
後援:NPO法人ファザーリング・ジャパン
   子どもの権利・教育・文化全国センター、
   NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク

【お問い合わせ】
こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
kodomoaogeki@gmail.com 080-4155-4002
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。