BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都議会と参議院で……

一昨日(5月29日)、3月末に東京都議会に提出した「こどもの城・青山劇場の存続を求める意見書の提出に対する陳情」について都議会厚生委員会で審議されました。
有志の会からも傍聴にいきましたが……結果は不採択でした。
詳しい議事録について、下記にアップしておりますので、よろしければご覧ください。
コチラ
詳しく討議されることなく、さらりとすり抜けるように不採択となったようです。

また、5月28日の参議院厚生労働委員会でも福島瑞穂議員がこどもの城存続について田村厚労大臣に質問し、それに対して田村大臣が回答したのですが、田村大臣の答弁を、長文ですが、下記にペーストさせていただきます。
読んでみると、田村大臣の的外れない回答に驚かされました。
青山劇場、青山円形劇場の公演を、「余り子供と関係ないような劇をやっていたりしている」とか……。
120億使ってここを維持することは国民の理解を得られないことを御理解をいただきたい、ということですが、誰の理解を得られないことを誰が理解するのか……頭がこんがらがりそうです。
その「国民」がここを必要としているのだ、という声を届けるために、6月5日の院内勉強会でこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の必要性を切に訴えたいと思います。

東京都議会と参議院、連日厳しい答弁が出て少し気落ちしてしまいましたが、だからこそここががんばりどきだと感じています。
皆さま、益々のご協力、よろしくお願いいたします!

*********
「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】
主催:こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会
後援:NPO法人ファザーリング・ジャパン
   子どもの権利・教育・文化全国センター、
   NPO法人難病のこども支援全国ネットワーク
*********

以下、福島氏の「こどもの城存続について考えてほしい」という質問に対する田村厚労大臣の答弁
「これは、一つは利用状況をちょっと私も見ました。すると、全国的な広がりは余りないんですよね。つまり、これ全国の総本山とおっしゃられましたが、国がやるからには、やはり全国的な広がりが重要であって、元々は先駆的な遊びなんかを情報発信してきたわけでありますけれども、実際、利用状況を見ますと、入館状況、それからホールの利用状況、これも中を見ますと、じゃ全てが子供のためだけのホールの使い方なのかというと、余り子供と関係ないような劇をやっていたりしているとか、いろんなこともあるんです。
 そういうことを考えると、確かに利用されている方々にとってみれば必要だというのは分かるんですけれども、百二十億使って子供のためといって全国展開をするものとしてはどうなのだろうかという中において、やはりなかなか国民の皆様方に理解いただけないなという中においてこのような判断をさせていただいたわけでございまして、今までのその役割というものは非常に大きかったということで我々も思っておりますけれども、これは更に改修、建て直しなどをしながら同じような形で運営していくということになりますと、なかなか、御理解をいただけるのかなという中においてこのような判断をさせていただいたということでございまして、忍びないわけでございますけれども、ひとつ御理解をいただければ有り難いというふうに思います」

福島瑞穂議員のブログより抜粋しました。厚労省担当局長の回答も含めた全文は、リンク先をご覧ください)
スポンサーサイト

6月5日に国会で勉強会開催します。大勢の参加で存続の熱意を示そう

 こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を求める学習会を、参議院会館でおこないます。
当日は、厚労省担当者にも参加してもらい、閉館を見直すよう厚労省サイドに投げかける機会にしたいと考えています。(できれば政務三役にも来てもらいたい)
 そして、この勉強会が、利用者が国に対してこどもの城、青山劇場、青山円形劇場の必要性を訴える最後の大きな機会になると思われます。
 政治に大きくプレッシャーをかけるために、ぜひたくさんの方に参加していただければと思っています。
 平日のお忙しい時間帯ではありますが、可能な方、ぜひご参加をお願いします!

 そして、ぜひツイッターやフェイスブックなどで告知していいただき、参加を呼び掛けていただければと思います!
 どうぞよろしくお願いいたします!

 チラシを作成しましたので、ご活用ください。
 ウェブ上にもアップしています。
 こちらからダウンロードできます。
 
<日時など>
「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続と児童館行政を考える院内勉強会」
<日時など>
日時:2013年6月5日(水)12:30~14:30
会場:参議院議員会館 B109会議室
(東京メトロ国会議事堂前駅より徒歩3分、永田町駅より徒歩5分)
予約不要/12:00より参議院議員会館1階入り口にて受付
参加費:無料 【一般参加歓迎/子連れ大歓迎】

<内容(予定)>
○講演:村山祐一氏(帝京大学前教授)
 「こどもの城と児童館の役割~現場・研究の立場から~」
○こどもの城とは
○こどもの城、青山劇場、青山円形劇場に関する利用者からの声
○こどもの城に関する全国児童館アンケートの結果分析およびこどもの環境の現状に関する発表
○こどもの城利用者の声(一般利用者からの意見)                など
 など

国会請願署名が3万筆突破!

 今日もこどもの城前で街頭署名にとりくみました。街頭で138筆よせられました。
 また、街頭署名実施中に合唱団の方が1125筆もの署名を託して下さり、国会請願署名の到達数が30027になりました!
 また内閣宛ネット署名も6857筆集まっています。
 

次回署名行動は5月19日(日)です!

 こどもの城・青山劇場・円形劇場の存続を求める街頭署名活動を5月19日(日) 15時30分からおこないます。こどもの城前こどもの樹集合です。ご協力お願いします。
 この間、郵送でさらに271筆の署名がよせられ、国会請願署名は、2万8764筆になりました。
 それから、院内学習会は、会場の都合で、6月初旬の予定です。詳細が決まりましたらお知らせしますのでよろしくお願いします。

今日の署名は1354筆。久しぶりのテレビ局の取材も。

 今日は、ゴールデンウィークの最終日でかつ、青山劇場で上演中のアニーの千秋楽。
 ということで、にぎわうこどもの城前で署名に2ラウンド取り組みました。

 連休で遊びに来ていたお子さんは「こどもの城、無くなるのやだ、やだ」と泣きそうな顔になっていました。アニーを見にいらした方も「アニーはどうなっちゃうの?」と本当に心配されていました。「ここの劇場はセリも本当にすばらしい」と、署名を集めるので用紙を下さいという方も。

 街頭署名に立つたびに、早く国に閉館決定をくつがえしてもらいたい、気持ちがますます募ります。

 街頭署名で602筆の署名が集まり、また、今日の署名活動の場にを届られた署名が752筆。さらにこの間、郵送などで届いた署名があり、国会請願署名は2万8493筆になりました。これとは別に、政府宛のネット署名は約6600筆になっています。

 さて、今日は、あるテレビ局がこどもの城の利用風景と私達の署名の様子を取材しました。放送が楽しみです。また、ネット投稿サイトの方も取材に来ていただきました。いろんなメディアを通じて、多くの人に知っていただければと思います。

 署名を集めていて、一番聞かれるのは「どうして閉館になるのですか?」という質問です。

 こういう時は、厚生労働省の言い分を説明するしかないのですが、「厚生労働省が10年以内に大規模修繕費が117億円かかることを一番の理由にあげています」と説明すると、「国の規模からすればだせない額でないのでは?」と、疑問が返ってくることが多いです。「10年以内に大規模修繕が必要というのなら、なぜ2年半でつぶすの?」という疑問もよく返ってきます。この2つの疑問は厚生労働省の方も、決して応えてくれません。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。